でんぱた ~農業が残る道を考える~

農業が残る道。そのひとつが、農業を法人化すること。

“農業法人”は今ではもう珍しくないかもしれませんが、
それは、農業法人が農業が生き残る道だと信じて頑張ってくださった方がいたからだと
気づかされた取材になりました。

den4

今回取材に行ったのが、東白川郡矢祭町にある、“農業法人でんぱた”です。

den1

農業に対する熱い思いを語ってくださった、でんぱた代表の鈴木正美さん。

以前は農協の職員として勤めておられたそうですが、矢祭町にひとつだけあった農協が、
他の町と合併するという流れになった頃、仕事を辞め、2001年に農業法人を立ち上げられました。

なぜ農協の合併がその行動へと繋がったのでしょうか。

「農協というのは、その地域ごとにあった活動をするべきなのに、合併をして、組合の顔もわからないところで挨拶するっていうのが考えられなかったんですね。この地域に合った仕事がしたいんだと。それで、これからのことを考えた時に、高齢化もしているし、人口も減ってきているし、経済的にも個人の農家で立ち行かないし。と感じていて、農業の残る道がひとつあるとしたら、法人化かなと、思っていたんです。それが、僕がこの会社を立ち上げたひとつの理由なんですよ。」

pata2

それから何年か後に、矢祭町内の農業法人化が次々と進んでいったそうです。

「矢祭町は、関東圏との県境の町なので、関東に学びに行ったり働きに行ったりと、生活圏が関東の人が多いことから、他とは自立心がちょっと違うのが理由のひとつかな。僕のところは米受託販売をやっていて、近所には、大規模なイチゴ生産や、鉢花の生産グループなど先進的な農業経営をやっているところがあります。この町の一戸当たり規模面積や戸数からいって、法人化率は高いと思いますよ。」

今の時代でこそ農業法人に対する理解はありますが、当時は反対意見も多かったですし、
奥さんにも怒られたね。と、苦笑いを浮かべる鈴木さん。そこまでしてやりたかったこととは?

「僕が法人化してとにかくやりたかったことは、地域の小規模農家さんが作る農産物を売ること。自分で生産出荷するというのが農業法人の姿なんだけど、僕は売ろうと思ったんです。農協があまり手を出していない分野をやろうと。まずは、お米を、消費者団体である市民生協に売ろうと思いました。生協は取引審査がすごく厳しいんですよ。生産地を見に来て、生産者と話をして、生産履歴の審査をして、その商品基準をきちんと確認して。だから、そこに白米を扱ってもらうために、足繁く通いましたね。」

den3

市民生協が決まったあと、鈴木さんが次に狙ったのは中堅スーパーでした。

「矢祭町・塙町・棚倉町にはそれぞれ、地元の人が通う“リオンドール”というスーパーがあります。僕は東白川郡を販売基盤にしたかったので、大手スーパーよりも地元のスーパーを選びました。ただこれがなかなか大変だった。リオンドールのような小型スーパーは、卸業者から納入するのが基本。生産農家が『ものを卸します』って、直接来ると思ってもいなかったんじゃないかな。しかも一番最初に言ったのが、コーナーの一角じゃなくて、『リオンドールの中に、野菜の直売コーナーを作らせてください』って。矢祭店に直売コーナーを置けるようになるまで、1年半通いましたね。」

それからは逆にスーパー側から声を掛けられ、塙店、棚倉店、浅川店にも置くようになりました。

「ちょうどその頃、農協が作る直売所が流行りだしていたんですね。で、スーパーの中にも直売コーナーのようなものがないと、これからの時代置いていかれると、リオンドールに伝えました。もしスーパーに直売コーナーというのがあれば、スーパーと直売所を往復する人は、スーパーだけで全部事足りるわけですよ、そういう利便性を訴えて、ようやく作ってもらえましたね。」

den2

その後も福島県内のデパートに交渉したり、東京での出張販売“矢祭もったいない市場”を
開催したり、産品開発を行ったりと、上手くまわり始めた頃、東日本大震災が起こりました。

「せっかく10年以上かけて取引先を作ったんですけど、いっぺんになくなりましたね。あるこども園の給食に、矢祭米を入れてもらっていたんですね。そしたら震災後、保護者が『なんで福島の米使うの』って騒いで。そこの園長先生は、『矢祭町は基準をクリアしているから大丈夫ですよ』って言ったんだけど、先生が保護者の対応に大変だったので、『先生、いいですよ』って、こちらからお断りをしました。」

自分で作ったお米も、仲間から預かったお米も、売れなくなってしまったのです。

「売れないものをどうしよう。原料で売るのが駄目だったら、商品化してはどうだろう。加工することによって賞味期限が延ばせるものだったらどうだろう。と、考えていきましたね。チャレンジするしかないですもんね。」

den7

矢祭米と、矢祭産のゆずや、ブルーベリーで作った‟米菓”。

ご年配の方にも食べやすい固さに仕上げられた“矢祭米せんべい”。

den5

矢祭のブルーベリー園で手摘みされたものでつくった、“ブルーベリージャム”や、
“ブルーベリージェラート”など。震災後はとくに本腰をいれて、商品化をすすめてきました。

den8

ちなみにこれらの商品は、楽楽「らくおう」店舗で購入することもできますので、ぜひ。

 

このように、営農者が主体となって、単に農作物を栽培するだけでなく、その作物から付加価値をつけた商品を開発したり、観光に結びつけたりすることを、6次産業化といいます。

でんぱたはまさに、6次産業化の先駆者ともいえると思います。

 

そのひとつに、“やまつーりずむ”と名付けたグリーンツーリズムをしています。

グリーンツーリズムとは、簡単にいうと農業田舎体験。物見遊山型の観光ではなく、
都会の人が農山村に滞在し、自然や文化を体験する旅の形のことをいいます。

 

「公募して集めたことはないんです。自分が販売活動先でお会いした方の中に、『矢祭行ってみたいな』という人があれば、その人にあったプログラムを組むんです。こっちがプログラムを組んで、それをぎっちり体験させて、どっと疲れさせて帰すんじゃなくて、その人が矢祭で何をしたいのかを感じ取って、その人に一番最適だと思う内容に僕が仕上げる。だからこっちから公募したこともないし、今まできてた人たちが去って行ったこともなくて、毎年来てくれます。」

pata3

「ある家族は、6月〜9月で大体月1は来ます。だからほんとに親戚が帰ってきたみたいな感じで、非常に面白いですよ。」

ツーリズムの内容は、農薬を使わない田んぼで、手による田植え、草刈り、稲刈り、脱穀体験だけではなく、耕作放棄地を耕して梅園を作ったり、東屋を建てたりと、バリエーション豊かに皆さんそれぞれ体験されています。

東京から一番近い東北地方、矢祭町を、みなさん自分の田舎のように思っているのでしょう。

pata4

「つくづく販売というのは、仲間づくりだと思いますね。結局グリーンツーリズムに来てくれた人たちが広告塔となって、僕たちのことを広めてくれる。野菜も農産物も商品も、それは人が生きていく中の、ほんの一部のツールでしかないと思っています。一番大事だと思うのは、その品物の向こうにいる人なんですよね。」

pata1

《上記写真は、産学官連携事業の「精密農業」に取り組む様子》

 

「今日お会いしている人が大切です。まぁでもその代わり、物に絶対的な責任は持たないといけませんが。人のつながりが生きてくるのは、商品力があってこそですから。」

物を売る一番の早道は、見せびらかして売るのではなく、話とか時間を共有した人との信頼関係をつくること。

そう力強くお話してくださった鈴木さん。

その姿勢がこれからも、たくさんの人を元気にしていくんだろうと思います。

これからどんな新たな商品ができてくるのか、楽しみですね。

 

 

 

写真: 稲葉、提供写真  文 : 稲葉

 

 

データ

農業法人 有限会社でんぱた
〒963-5118 福島県東白川郡矢祭町大字東舘字蔵屋敷12-1
TEL  0247-46-2571
HP  www.denpata.com/

2015-10-20 | Posted in Blog, 生産者紹介 

関連記事