梨本あぶらや ~油ができるまで~

菜種油、ごま油、オリーブ油、大豆油、綿実油、ひまわり油、米油。

炒め物、揚げ物はもちろん、サラダや、ちょっとした和え物にも使われる油。

様々な種類があり、どの台所にもある身近なものですが、

どのように製造されるのか、皆さんはご存知でしょうか。

aburaya17

今回は、梨本あぶらやさんにお教えいただいた製油法を、ご紹介します。

 

①材料(菜種、胡麻など)をふるいで選別

aburaya19

aburaya9

 

②焙煎

aburaya18

aburaya11

「薪で焚く焙煎機で、手で掴んで熱いと感じるぐらいまで焙煎します。

焙煎することによって、油が搾りやすくなり、香りづけにもなります。

この焙煎の度合いによって、青くさくなったり、ナッツのような香りなったり。」

 

 

③搾油

nashimoto3

ここで出来た油粕は、肥料として、菜の花畑にもどっていきます。

 

④澱の沈殿

nashimoto4

夏場は3日ほど、冬場は1週間ほど置き、澱を沈澱させます。

 

⑤上澄みを掬って濾過する

aburaya13

沈澱した後の上澄みに少し熱を加え、適温にすることによって、水分を飛ばし、味を整えます。

 

 

大量生産どころになると、焙煎具合、加熱温度などはすべて機械での調整ですが、

梨本あぶらやでは、すべて梨本さんの手作業で行われます。

普段何気なく使っている油とどのように違うのか、ぜひ試してみたいところです。

aburaya16

日々の料理にとって、油は必須品であり、味の良し悪しを決める重要な役割を担います。

たかが油と思わず、作り手を知り、作られ方を知り、購入していきたいものです。

 

 

 

写真:青砥、梨本さん提供   文章:稲葉

 

 

データ
梨本あぶらや
〒961-0302 福島県白河市東上野出島字谷地前16
TEL・FAX  0248-34-2750
E-mail nashi.aburaya@gmail.com
なたね油販売店舗
・CO・OPベスタ天神町店 (〒961-0954 福島県白河市天神町75)
・えきかふぇSHIRAKAWA (〒961-0074 白河市郭内222)
・自然食品とみや (〒963-8851 郡山市開成2-4-15)

2015-07-31 | Posted in Blog, 生産者紹介 

関連記事