野出島地域活性化プロジェクト

昨今の問題として、しばしばメディアで取り上げられる、日本の休耕田や耕作放棄地の増加。

そんな問題はどこか遠い国の話なのではないか。と思ってしまうほど、

きちんと人の手が加えられた農地が連綿と続く景色が、私たちの目の前に広がっていました。

 

aburaya4

 

今回私たちが取材に向かったのは、白河市東地区内にある、”野出島地区”と呼ばれる地域。

見渡す限り、自然と農地と人家の見える、なんとも日本らしい風景が広がる地域です。

 

この地域では、「地域を盛り上げようと、地元の人たちが頑張っている」そうで、

主催行事が季節ごとに開催され、5月上旬には”菜の花を見る会”。6月下旬には”ホタルを見る会”。

9月中旬には”そばの花を見る会”。そして11月中旬には、”新そば交流会”が開かれるそうです。

 

いったいどうすれば、これほどまでに地域が盛り上がるのでしょうか。

“野出島地域活性化プロジェクト” の副会長、本宮 直さんに、お話をお伺いしました。

 

nodejima1

 

福島県庁にお勤め時代は、農業改良普及員として、養蚕の指導から始まり、

加工販売の促進や、最近では数か所の直売所の立ち上げに携わったという本宮さん。

 

引退後、何かこの地域を元気にできることはないかと模索した結果、

平成22年4月、仲間たちとこのプロジェクトを立ち上げ、

今では26人が所属するほど、多くの地域の方を巻き込んでのプロジェクトとなりました。

 

一口に地域活性化と言っても、何から始めていいかわからないもの。

本宮さんは、どのようにお考えになったのでしょうか。

「この地区にあるものといえば、まずひとつに、農地や自然。ふたつめに文化財。

神社の狛犬がね、なかなか面白いんですよ。そしてみっつめが、やっぱり、人ですよね。」

 

ここの自然や文化財を知ってもらおうと、それらの魅力をまとめた地図を、自ら作ったそうです。

 

nodejima4

 

地図に目を通すと、菜の花畑・そば畑・小麦畑・桃の花畑・りんご・なし・一本松つつじ など、

同じ地域で、こんなにできるものなのか?と疑問を抱くほど、多くの作物が栽培されています。

 

プロジェクトでは荒れる農地を再整備して、菜の花や蕎麦を植えたそうですが、

その決め手は何だったのでしょうか。

「花を観賞できて、実がつくものってなんだろうと考えました。そこで思いついたのが、菜の花。

春には黄色い花が咲き、蜂が寄ってくるから蜂蜜も作れるし、実を収穫すれば油もできます。

ふたつめに、蕎麦。花見もできるし、蕎麦粉にして、蕎麦打ちをみんなでしたら面白いですよね。

そして最後に、小麦。蕎麦の裏作に考えたものです。蕎麦は夏に蒔いて秋に収穫なので、

秋に蒔いて初夏に収穫する小麦はちょうどいい。小麦粉は、うどんに加工します。」

 

nodejima2

 

プロジェクトメンバーが、そばを打って振る舞う秋の”新そば交流会”は特に好評で、

この蕎麦を食べるために、県外からわざわざ来られる方もいるのだとか。

 

そばの美味しい条件は、「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の三たてであるとは言いますが、

それに加え、ここでは蕎麦を育てるところから、自分たちの手でされています。

どんな高級蕎麦屋でも食べられない味わいに違いありません。

 

プロジェクトは今では6年目。強制はせず、基本的に皆ボランティアで参加されているそう。

「出られる人が出る。という形でやってるから、いいのかもしれないですね。」

そう言って笑う本宮さん。きっとその本宮さんの笑顔と人柄があってこそなのでしょう。

 

野出島プロジェクトで作られた蕎麦は、新そば交流会に行かないと食べられませんが、

なたね油やうどんは、東直売所や、楽楽「らくおう」などで購入することができます。

 

nodejima5

 

「この菜種油を搾ってくれる梨本さんとこ、行ってみっか?」

というわけで、次回は油やさんのお話です。

 

写真:青砥、稲葉  文章:稲葉

 

 

データ
野出島地域活性化プロジェクト 事務局
〒961-0302 福島県白河市東上野出島字三ツ池5-5
TEL・FAX  0248-34-3317
E-mail honguu.tadashi@orengi.plala.or.jp
野出島地域活性化プロジェクト特産品購入先
・り菜あん (JAしらかわ直売所 〒961-0091 白河市弥次郎窪29-1)
・きつねうち温泉 (〒961-0303 白河市東釜子狐内47)
・楽楽「らくおう」 (〒961-0812 白河市南湖14)
・東直売所 ふれあいの里 (〒961-0303 白河市東釜子枇杷山66)‎

 

 

 

 

2015-07-17 | Posted in Blog, 生産者紹介 

関連記事